USJそぞろ歩き!

300 ARTEL 「BEVERLY HILLS COP」

ARTEL

セットファサード
ARTEL(アーテル)

登場した映画
BEVERLY HILLS COP(ビバリーヒルズ コップ)
製作年 : 1984年
製作国 : アメリカ
配給 : パラマウント=CIC配給

キャスト(役名)
Eddie Murphy エディ・マーフィ(Axel_Foley)
Judge Reinhold ジャッジ・ラインホルド(Det._Billy_Rosewood)
John Ashton ジョン・アシュトン(Sgt._Taggart)
Lisa Eilbacher リサ・エイルバッチャー(Jenny_Summers)
Ronny Cox ロニー・コックス(Lt.Bogomil)

スタッフ
監督 : Martin Brest マーティン・ブレスト
製作 : Don Simpson ドン・シンプソン / Jerry Bruckheimer ジェリー・ブラックハイマー
製作総指揮 : Mike Moder マイク・モーダー
アソシエイト・プロデューサー : Linda Horner
原案 : Danilo Bach ダニーロ・バック / Daniel Petrie Jr. ダニエル・ペトリー・ジュニア
脚本 : Daniel Petrie Jr. ダニエル・ペトリー・ジュニア
撮影 : Bruce Surtees ブルース・サーティーズ
音楽 : Harold Faltermeyer ハロルド・ファルターメイヤー
美術 : Angelo Graham アンジェロ・グラハム
編集 : Billy Weber ビリー・ウェーバー / Arthur Coburn アーサー・コバーン

BEVERLY HILLS COPレビュー
『48時間』、『大逆転』でコメディ俳優としての力を見せ付けたエディ・マーフィが、ドラマもイケることを証明した出世作。コメディ路線は極力押さえ、正統派刑事アクションに仕上がっている。 友だちを殺されたデトロイト警察の腕利き刑事、アクセル(エディ・マーフィ)。敵討ちのためにビバリーヒルズへ赴き、型破りな方法ながら地元警察と連携しつつ事件を解決に導いていく。 笑いもあり、見たあとスカッとするエンタメ作なのだが、ドラマとしてもよくできている点に注目したい。エディ・マーフィを除く出演者のほとんどは白人。そのキャスティングの妙もあって、知らない土地で孤立奮闘するアクセル刑事の哀愁がより深く見えてくるし、知恵と頭の冴えでビバリーヒルズの刑事たちを味方にしていくところがまたグッとくる。監督はマーティン・ブレスト。プロデュースには売れ線映画の鉄人ジェリー・ブラッカイマーが名を連ねている。(amazon.co.jp)

ビバリーヒルズ コップ関連情報
  ・amazom.co.jp → ビバリーヒルズ コップ/DVD,VIDEO,CDなど

下の[ 閉じる ]ボタンで閉じない場合は、ブラウザの閉じるボタンで閉じてください。
 
Copryright© USJそぞろ歩き! All Rights Reserved.